美人ハック

キレイになりたい女性の応援サイト

*

陰毛処理の裏話|女性のアンダーヘアには悩みがいっぱい

      2016/06/28

Summer beauty
陰毛処理(アンダーヘアのお手入れ)についての質問が多くきています。ムダ毛処理の方法が良く分からないというお悩みです。

「そもそも、手入れが必要なの?」「みんなやっているの?」このような質問もきております。たしかに友達に聞くには少し恥ずかしい部位ですからね^^

なぜ陰毛(アンダーヘア)のお手入れが必要なの?

「毛深いコンプレックスから陰毛を薄くしたいと思った。」という女性が約3割おられます。その他に「水着を着るから」「結婚あるいは彼氏ができたから」などの理由もあります。

自分で処理している女性、サロンで脱毛する女性もだいたい同じ理由です。この他にも「サロンでの脱毛料金が安くなったから」「きれいに脱毛できそうだから」という女性もおられます。

統計からみる女性の陰毛(アンダーヘア)処理事情

数年前だとムダ毛処理としてあまりメジャーではありませんでした。海外では当たり前に毛の処理をする部位なのですが、日本ではそうではありませんでした。

海外セレブのムダ毛処理事情が話題になり、日本の女性も処理を始めたとういうのが始まりだったと記憶しています。2011何とか12年ぐらいの話しです。

 

統計データからみると・・・

女性誌【como(コモ)】が以前ムダ毛処理でとった統計ではデリケートゾーンのムダ毛処理率は25%で第9位でした。ちなみにワキが87%で第1位。【como】は主婦の友社が発行する雑誌です。

 

この統計からだと4人に1人が陰毛処理をしていることになります。【como】のターゲット層から考えるとこの統計は20代、30代の女性が多く含まれていると予測されます。なので10代が入るとその処理率はさらに上がると推測されます。

 

次の統計はサロンでの脱毛率です。参考にしたのは女性誌【FRaU (フラウ)】すでに脱毛している部位としてアンダーヘアが10%程度。次に脱毛する予定がある部位として第1位だったのがアンダーヘアで約30%という結果に。

 

次に「どこで陰毛処理をしているのか?」についての統計です。これも【FRaU (フラウ)】を参考にしました。自宅が62%、サロンが32%、クリニックが6%でした。自己処理している女性が半分以上という結果でした。

 

 

どのぐらい処理する?

脇や腕、すね毛のお手入れでは、全部処理するのが一般的ですね。一部だけ毛を残す女性はいないと思います。では陰部の毛の処理はどうなのか?という疑問が浮かびます。

 

基本的には全部の毛を処理することはしません。海外では全処理する方が多いですが、日本は違います。ある程度陰毛を残します。Iラインの陰毛を残しつつ(長さは短めに)、ビキニラインを処理するのが一般的だということですね

 

 

どのように陰毛処理すればいいの?

大きくわけると【自己処理】と【サロン等での脱毛】になります。

・サロン、クリニックでの脱毛

プロに任せられるという安心感がメリット。エステサロンの場合は2ヶ月、クリニックの場合は1ヶ月に1度のペース施述していきます。

クリニックはエステよりも強い機器を使うことができるので、期間的には短めになります。

費用の視点からみると、クリニックは初期費用がエステよりも高い、エステは初期費用が安いけど通う期間が長いのでそれなりの費用になるという違いがあります。

 

少なくとも5回以上は通わないと脱毛は完了しません。予約がとりにくい店もあるので注意が必要です。

使い捨ての紙ショーツをまくりながら施述します。サロンは思い光脱毛、クリニックはレーザー脱毛になります。

サロンに行けば短期間で脱毛が完了すると勘違いされている人が多いです。実際は1年間以上通うケースもありますの注意してください。

今はしつこい勧誘もなくなったと言われていますが、事前の口コミチェックは必須。料金も実際のところ、いくらかかったかなども調べておく必要があります。

 

・陰毛の自己処理

ビキニラインやIラインはムダ毛処理する部位の中でも皮膚が薄いほうになります。陰部周辺はデリケートゾーンとも言われますよね。なので肌荒れしやすい部位であることに注意してください。

 

手段としては“T字剃刀やシェーバーで剃る”“ピンセットや毛抜きで抜く”さらに“家庭用脱毛器の使用”などが一般的です。部位によっては“除毛剤(脱毛剤)やブラジリアンワックスの使用”という選択肢もあります

 

いずれにせよムダ毛処理による肌へのダメージを蓄積させないことが重要です。特に夏になると肌の露出も多くなり、ムダ毛処理が雑になりがちです!ビキニラインに対しても除毛クリームで即効で処理しようと考えがちです。

 

しかし回数が増えれば増えるほど【肌荒れ】というリスクが増えます。綺麗に脱毛できない場合、毛穴に陰毛が微妙に残ってしまうと埋もれ毛になります。黒いぽつぽつが出来てしまい非常に見た目が悪いです。

 

即効性を求めたり、手抜きをしたりすると【肌荒れ】や【埋もれ毛】ができてしまうので注意しましょう。

『美人ハック』おすすめ陰毛処理

当サイトがおすすめしている陰毛処理についてお話します。まずゴールは「人に見られても違和感のないアンダーヘアにすること」。

何でもそうですが人の手が入ると不自然に見える事があります。自分で前髪をきったあとの不自然さに似ているかもしれません。

 

陰毛処理も同じで下手にやりすぎると「この人、お手入れしているんだな~」と思われるわけです。『美人ハック』が目指すのはそこではなくて「自然な薄さの清潔感のあふれる陰毛にすること」なんですね

 

ちなみに全部の毛を処理するのではなくてIラインの毛は残しつつお手入れしていきます。その際にも前述の通り【肌荒れ】と【埋もれ毛】にならない【肌にやさしい処理】を前提にしています。

 

 

準備するもの

抑毛剤、T字カミソリ,ハサミ

抑毛剤を利用して毛の生える周期を遅くします。これによって陰毛処理の回数を減らして肌への負担を減らします。面倒なムダ毛処理のストレスも減らすことができます。

 

抑毛剤をお風呂上がりに塗りつつ、ムダ毛処理を継続します。Iラインの毛は2センチ程度にハサミでそろえます。処理後は少々チクチクしますがじきに元に戻ります。

 

次にビキニラインの毛をT字カミソリで剃っていきます。どこまで処理するかは個人の好みになります。ムダ毛処理後にも抑毛剤を塗りましょう。保湿効果が期待できます。

 

抑毛剤の中でも毛を細くする効果が期待できるものがおすすめです!少しずつムダ毛を細くしていくのです。すると抑毛効果との相乗効果によって陰毛がだんだん薄くなって見えるようになってきます。

 

毛が細くなるということは柔らかくなるという事です。陰毛が硬いとお悩みの女性にもおすすめできるお手入れ方法です。ここまでなったらムダ毛処理の回数も減らしてかまいません。商品によってどの程度の期間がかかるのか違います。

IMG_0582

何種類か比較して一番良かったのがコントロールジェルという抑毛剤です。

天然成分配合なのでデリケートな部位にも安心して使えます。子どもでも使えるぐらいに肌にやさしい抑毛剤です。成分にこだわった商品なので大量生産ができません。そのため量販店での販売はせずに公式サイトのみでの注文になっています。

 

女性スタッフの感想

実際にコントロールジェルを上記の方法で使用してみました。抑毛効果に関しては30日程度で変化を感じました。

毛が細くなり始めたのは使用開始40日程度です。ジェル1本を使い切るか切らないかぐらいのタイミングでした。

ジェル状ではありますが、ベタつきはそれほど強く感じませんでした。これ以前に3メーカーの抑毛剤を使用していますが、毛を細くする効果を実感できたのはこのジェルだけでした。

値段が他の抑毛剤と比較すると1000円から2000円程度高くなりますが、陰毛の濃さに悩む女性にとっては許容範囲の金額だと感じました。 (個人の感想です)

 

コントロールジェルME公式サイト

▼詳しい内容の確認や申し込みはこちらから

 

 - アンダーヘアの手入れ, 女性のムダ毛処理