美人ハック

キレイになりたい女性の応援サイト

*

おすすめの導入美容液(ブースター)@化粧水が入らない人へ

      2015/12/27

導入美容液で化粧水が浸透しやすくなる!

なんか、化粧水が浸透してないみたい。。。保湿してもすぐに肌が乾く。

あなたは、こんな体験をしたことがありませんか?このままでは美容成分が肌に入っていかないので、スキンケアになりませんよね。

 

化粧水が浸透するように、導入美容液(ブースター)を利用する女性が増えています。誘導美容液とも呼びます。

水系の美容液のほかにオイル系まで販売されており人気であることが分かります。

今回は「化粧水が浸透しない理由」と「おすすめの導入美容液」をテーマに話します。

 

なぜ化粧水が浸透しくなるのか?

原因は「角質が厚くなっているから」です。肌の表面はミルフィーユのような重なり合った角質があり、バリア機能をはたします。

一番上の層が剥がれおち、あいた部分に別の細胞が下から補充されます。

 

しかし何らかの影響(後から話します)で、角質が剥がれる周期が遅くなり、どんどん厚みを増すのです。

参考程度の資料ですが、24歳で10層程度です。これが年齢を重ねるたびに積み重なり70歳になるころには14枚程度まで厚みを増します。肌の状態は顕微鏡を使わないと見えません。

実際には見られませんが自覚症状である程度の状態は確認できます。

・アゴがざらつく。
・顔の肌全体がごわつく。
・肌のくすみを感じる。
・白さが失わている。
・とにかくカサつく。

このような症状がでている人は角質肥厚が始まっている可能性が高いです。原因は大きく分けて2つあります。

・加齢の影響でターンオーバーが遅れている
・紫外線の影響

加齢の影響は、早い人だと20代から始まります。(表面化していないだけ)

さらに夏は紫外線が強くなります。

なので多くの女性の場合、複合的な要素で角質肥厚が始まります。

夏に浴びた紫外線の影響が大きい!

ターンオーバーの遅れている肌には、夏に紫外線をあびて出来たメラニンを含んだ古い角質がたくさん残っています。

 

特に代謝の落ちる影響がでやすい40代は要注意!

つみあがったメラニンを含んだ角質層が肌のくすみとゴワつきがひどくなります。その結果、硬くなった肌に化粧水や美容液でケアしても浸透しにくい状態になります。

 

40代になったら導入美容液を利用して、余分な角質を除去してから通常のスキンケアをするのがおすすめ。

もしアナタが30代だったしても、くすみやごわつきの症状がでているなら老化現象がでています。

導入美容液を使って美容成分が浸透しやすい肌を作るのがオススメです。

 

加齢や紫外線以外にもいろいろな理由があります。

例えば若くても「冷え性のヒト」にも角質肥厚が起きます。あるいはストレスや睡眠不足、外食やコンビニ食が多いなど栄養が偏っている女性もターンオーバーが乱れやすいと言われています。

 

ターンオーバーが正常に行われていないと角質層が分厚くなります。

10代、20代のころは28日周期で自然と剥がれおちていた角質。

 

代謝の低下が紫外線の影響で、周期がどんどん乱れ40日前後まで遅くなる人も(汗)肌表面にある角質は、ミルフィーユのように重なり合ってバリア機能を果たします。

 

紫外線から真皮を守り、セラミドと共に水分を保持してくれます。

古い角質が剥がれ落ちることで、真皮の奥から新しい細胞が生まれます。

剥がれおちずに、新しい細胞が生まれ続ければ肌表面の角質がどんどん厚くなります(角質肥厚)

日常生活で紫外線をあびれば、メラニンを生成するように細胞にインプットされます。

通常であれば生成するまえに、真皮の細胞は通常であれば古くなれば剥がれおちます。

いつまでも剥がれなければ、メラニン生成が始まりシミができてしまいます。

 

なので代謝が落ち始める30代、40代の女性はターンオーバーを正常にするケアが必要です。

遅れがちのターンオーバーを促進するのにお役立ちアイテム

・漢方のヨクイニンを飲んでみる
肌の新陳代謝を高める効果が期待できるのが、
ハトムギを配合した漢方薬。

血流やリンパの流れがよくなりますので
色素沈着対策にも効果が期待できます。

→漢方セラピー
ヨクイニンエキス配合 クラシエ

・肝機能を強化する
エイジングケアでよく名前がでるのが「グルタチオン」
抗酸化作用が期待できます。

ネットで検索するとサプリメントなどが販売されています。

 

シミ予備軍は10代、20代に浴びた紫外線が影響!20歳をピークに肌の老化現象は始まっている。

表面化してないだけです。

 

なので25歳ごろからは角質ケアを取り入れることをおすすめします。

いきなりシミができることはなくて、必ず肌に予兆があります!

その代表が「肌のカサつき」「肌のごわつき」「肌のざらつき」そして「くすみ」です。

 

肌の生まれ変わりの周期が乱れ始めている女性にでやすい初期の老化現です。

代謝の低下だけでなく、紫外線の強い季節も角質が厚くなります(ピークは7月)

 

肌がくすんでいる、カサついてる、ざらつきがひどいなどの症状が顔にでているとき、化粧水を使っても浸透している気がしないことありませんか?

肌のお手入れのまえに角質ケアを取り入れることで、化粧水がどんどん浸透するようになります。

そこで30代、40代の女性に人気なのが「導入美容液(ブースター)」です。

オススメの導入美容液(ブースター)は?

トワニー タイムリフレッシャーはおすすめです。導入美容液のロングセラー商品。現在はオイル系が流行っていますが、こちらは王道の水系の誘導容液です。

トワニータイムリフレッシャー
ハイテク美容液に興味のある人ならランコムのジェニフィックアドバンストもいいですよ。遺伝子とタンパク質に注目した誘導美容液です。

ジェニフィックアドバンスト

いま流行中のオイル系ブースターがほしいならクラランスのダブルセーラムあたりが良いでしょう。オイル系は水系よりも使い方が難しいのですが、これは使いやすい導入美容液です(水7割、オイル3割)。

ダブル セーラム

 

まとめ

女性は30代、遅くとも40代から角質が厚くなり、肌のくすみやザラつきがひどくなります。導入(誘導)美容液を利用して古い角質オフをすると、美容成分が浸透しやすくなります。

 

 

 - コスメ