美人ハック

キレイになりたい女性の応援サイト

*

夏の紫外線で体はサビる。肌の酸化を防ぐ秋冬の過ごし方

      2016/09/30

秋と冬は体がサビやすい季節です。抜け毛が増えてませんか?肌がピリピリ刺激を感じたり、急に乾燥しませんか?夏の紫外線の影響、冬に向けて気温が徐々に下がり外気も乾燥していきます。

シミ、シワ、たるみの原因になる肌の酸化は、女性にとって大敵!今回は夏に浴びた紫外線が気になる女性にむけて、簡単に始められるアンチエイジング法をご紹介します。

水を1日1.5L飲んで紫外線による肌の酸化を防ぐ

秋の空気はとても乾燥するので、お肌を水分で潤す必要があります。肌のバリア機能が低下していると、角質層の水分が減り肌状態が悪化します。。何はともあれ、水分そのものがないと話になりません。

もちろん口から飲んだ水がそのまま肌細胞の水分になるわけではありません。しかし生成を促す働きはありますので、水分補給は定期的にしていきましょう。

注意点はコーヒーやお茶では水分補給になりません。逆にトイレに行きやすくなり、体内の水分を減らすほうの働きが大きいです。なので1時間~2時間に1回という感じでマイルールを作って、定期的に水を飲むようにすると肌が喜びます。

なぜ水素水はアンチエイジング効果が高いの?

深呼吸のときに吸うのは酸素、吐くのに二酸化炭素ですよね。酸素は体に必要なものです。なくても生きていけません。じゃあ酸化(体のサビ)を引き起こしてるのは何?と思うかもしれません。答えは「活性酸素」と呼ばれるもので、呼吸で取り入れた酸素そのものではなくて、体内で利用するときに発生するもの。

活性酸素は体内に侵入してきたウイルスや細菌と戦う大切な役割があります。本来は悪者ではありませんので注意してください。問題なのは必要以上に増えた活性酸素による攻撃で肌が変性してしまうことです。

水素水を飲むことで、活性酸素の働きを抑える効果が期待できるとされています。酸素と水素が化合すれば水になりますからねw

水素水が人気なのは抗酸化作用が期待できるからです!

肌の酸化を防ぐために、笑ってストレス発散するのは効果アリ

人間関係や仕事、育児などのストレスを体のためこむと酸化することが、研究で判明しています。活性酸素はストレスが原因でも発生するのです)現代病ともいえるストレスと、どのように向き合うかが課題とされています。

職場にいる嫌な上司、無理難題を言ってくる取引相手、、生きていれば必ずストレスは生まれますので、自分にあったガス抜き法を作らないといけません。

お金がかからず今日から始められるストレス発散法を一つご紹介します。それは「笑う」ことです。誰かとおしゃべりして笑うのでも良いですし、コメディー映画やバラエティー番組をテレビで見て笑うのでも良いです。

最近だと落語を聞く若い女性も増えてるんですよ。お年寄りのイメージが強かった寄席が、最近は身近に見られるようになった影響が大きいようです。

大事なのは自分にあった媒体を選ぶことです。私はひなだんに芸能人を並べてトークするバラエティー番組が好きではありません。

コント番組が好きで、NHKでやってる内村光良さんの番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」でいつも笑ってます。残業して帰っても見られる時間帯に放送されてるの良いですね。

白い歯じゃないと人前で笑えない?

最近は歯のホワイトニングをされる女性が増えてますね。そのせいか、歯にコンプレックスをもってしまい、人前で笑えないという悩みを耳にするようになりました。歯並びはともかく、せめて歯の色は白くしたいという気持ちは分ります。

本当なら歯医者に定期的に通ってホワイトニングしてもらえば良いのですが、働く女性には平日は無理だし、休日は寝てたいというのが正直なところですよね。最近はホワイトニング専用の歯磨き粉が販売されていますので試してみるのも良いかもしれません。

 

涙を流してストレス発散!感情の解放は美肌ケアに効果アリ

「笑う」以外に「泣くこと」もストレス発散には効果的です。「この前泣いたのいつだっけ?」というぐらい、人は感情を押し殺して社会生活を営みます。人前で笑うことはできても「涙を流すこと」は日常生活ではなかなかありません。

年齢を重ねるほど自分の感情を抑えて行動しないといけないことが多くなります。なので意図的に涙を流してみてください。人前で泣くのは恥ずかしいと思いますので、部屋で一人で映画や読書で泣いてください。

もし一人になれる環境がないとしたら、映画館がおすすめです。暗いしみんな泣いてますから(映画によりけりですが)

 

無意識にストレスを溜め込み爆発させる女性の肌老化は早い

自分ではストレスと感じてない人で、(一般的には感じるレベル)体に溜め込んで一気に爆発するタイプの女性がいます。爆発させることは精神衛生上必要なことであり自然なのですが、それまでの過程が問題です。

早めにストレスに気づけば美容に悪いから何とかしようと方向転換できるチャンスがあったからです。溜め込んでいるうちに肌細胞の酸化も進み、シミ、そばかす、たるみが進行していたかもしれません。

爆発タイプの女性に簡単できるストレスチェック法があります。それは「あご」を鏡で見ること。ストレスを感じると人間は顔の下半分の表情が変化します。特に我慢の度合いが強いと「あご」が梅のようにシワシワになります。

本能的に我慢しているとき、人は上下の歯を噛み合わせるからです。あごが梅干しみたいになってたら、まずは上下の歯を離してみてください。噛み締めグセは凝りの原因にもなります。自分がストレスを今感じていることを認識することが重要です。

 

睡眠の長さと眠りの深さで肌年齢が決まる!理想は6~8時間

さきほどストレスでも酸化の原因となる活性酸素が発生、対処法として「笑うこと」が効果的であると言いました。

このほかに「よく眠ること」もストレスの対処法として有効です。人間は寝ている間に記憶の整理をします。寝る前までに脳が吸収した情報を、忘れても良いのか、それとも記憶すべきなのか吟味するのです。

睡眠時間が極度に短い、眠りが浅いと、この記憶の整理が十分に行われません。よく眠ることは体の疲労回復だけでなく、精神的に脳のリフレッシュにも大事なことなのです。

自分にあった睡眠時間を探すのは難しい。まずは最低6時間を確保

1日4時間しか寝ないのは問題ありですが、じゃあ8時間はダメで6時間が正解とも言い切れません。体が心地よいと感じる睡眠時間には個人差があります。同じ人でも年をとるたびに時間は短くなる傾向があります。

実は理想の睡眠時間を探すのは、言うほど楽ではありません。いつもは6時間睡眠だけど、休みの日に8時間寝たとしましょう。時間が長いと、いつもよりスッキリ目覚められるかといえばそうでもない、、、

眠りには時間以外に、深さが重要になってくるんです。例えば10時間寝たとしても途中でトイレに3回起きたとしたら、眠りの深さが足りないので快適な睡眠とは感じないでしょう。

ここ数年はよく眠れない女性が増えています。高級寝具や安眠サプリが女性によく売れているのはそういう背景もあります。

光時計にしてから絶好調!

わたしは以前記事にしましたが、睡眠の質をよくするために真っ暗な寝室に変更して、アラームではなく光時計で目覚めることを習慣化しました。メンタリストのDaiGoさんの本を読んで、音ではなく光で目覚める重要性を知りました。今では朝活ができるくらいに、よく眠れて起きられるようになりました♫

参考:働く女性に役立つ時間の使い方@スグできる4つのTips

 

学生時代から目覚めが悪く、朝が弱い人間でした。修学旅行や部活の合宿では、朝は別人のようだと友だちにからかわれたものです。それは大人になってからも、彼氏の家にお泊りするときなど、非常に困ったものです。

睡眠は脳だけでなく体全体にも重要なので、自分にあった対処法を早めに見つけることが重要です。わたしはサプリメントに頼るより光時計で起きるほうが副作用とかを心配しなくて良いのでオススメです。

 

抗酸化コスメ化粧品で活性酸素による肌攻撃を防ぐ

毛穴周りに付着する皮脂が酸化すると、過酸化脂質となり肌を刺激してサビの原因となります。女性は年齢を重ねると皮脂分泌量は減りますが、油断せずにお手入れを行わないといけません。

女性の肌老化は毛穴周辺の皮膚から始まる

外出中などはあぶらとり紙で小まめに皮脂の処理をすること。ちなみに皮脂は肌のバリア機能を果たすので美肌ケアに必要なものです。テカリが気になる部分など過剰分泌された皮脂を処理してください。

余分な皮脂が分泌されるのを防ぐことも抗酸化対策では重要です。女性の顔で皮脂が出やすくなる原因は「顔の洗いすぎ」「クレンジング剤や洗顔料の刺激」「マッサージによる刺激」です。成分的な刺激とタオルや指による物理的な刺激の2種類あります。

早めのエイジングケアが肌年齢を若くする秘訣

女性の顔の老化は毛穴周辺から始まります。なぜなら皮脂がたまりやすい部位だからです。年齢を重ねると真皮にあるコラーゲンの劣化も目立つようになります。早い人だと35才、遅くとも40代になるころには顔にはっきりとでます。

生きている限り老化を完全ストップすることはできません。しかしスピードを遅らせることはできます。生活習慣を改善しながら抗酸化コスメでサビの原因を除去して予防する。

シミやシワを発見してから対策するのではなく、前もって肌の酸化を防ぐスキンケアを始めることが効果的なアンチエイジングとなります。

糖とコラーゲンが結びついて起きる「糖化」にも注意!

女性が気になるのはシミやシワだけではありません。くすみも気になりますよね?角質で糖化が起きるとキメが乱れ、黄ぐすみが発生。くすんだ肌は年齢を最大で+10歳まで老け顔にする破壊力があります。

顔のくすみが目立つ要因は「血行不良」「しみ予備軍」「角質肥厚」そして「糖化」です。自分がどのタイプなのかを知ることが重要です。

 

紫外線やストレスによる肌の酸化を防いでシミ、シワ、たるみに勝つ!

・水をたくさん飲もう(特に水素水)
・感情を解放してストレスをためこまない
・適切な睡眠時間と眠りの深さを大事にする

・抗酸化コスメで正しい毛穴ケア

この4点で、これから少しずつ悪さを始める夏に浴びてしまった紫外線による肌の酸化を防ぐことができます。もちろん毎日の紫外線対策や基礎化粧品によるスキンケアと並行することが重要です。

ここまで書いたきた私自身、コスメだけに頼るアンチエイジングに限界を感じ、生活習慣を改善してから劇的に肌状態を改善することに成功しました。

あなたも同じように、ご自分の理想とする肌になれるように願っています。

 

 

 - 日常生活