美人ハック

キレイになりたい女性の応援サイト

*

胸が垂れないように予防する方法

      2015/08/22

Sexy woman's neckline

ワコールによると女性の胸が垂れるには大きく3ステップあります

◆1 垂れていない状態(丸い形)
◆2 胸の上部分のハリが落ちて脇側がそげた状態
◆3 胸の下部分がたわんだ状態(バストトップが下向きに)

胸が垂れるまでのこの3ステップ、早い人だと20代に始まることが分かっています。あなたはどうでしょうか?

おっぱいが垂れる直接の原因はまだ不明なのですが、一般的には「クーパー靭帯(じんたい)が伸びる」ためとされています

胸のハリとクーパー靭帯の関係

日常生活におけるバストの揺れが胸を支えている靭帯や組織にダメージを少しずつ蓄積させているという考え方ですクーパー靭帯は伸びる限界値を一度超えてしますと元に戻らなくなります。バネをひっぱるだけひっぱると元にもどらないのと同じです。

 

他に考えられる胸の垂れの原因としてはホルモンの変化があげられます。分泌されるホルモンの変化によって乳腺が縮んでしまい、できたスキマに脂肪が入りこんで重さによりたるむという考え方です

 

まとめると胸が垂れる原因は支える靭帯が伸びきってしまうことにあり、一度伸びきると修復は不可能。なのでバストケアは予防に全力をそそぐことが重要!

胸によいことをまとめてみました

◆食生活

・キャベツ:胸に良いことはご存じの方も多いと思います。【ボロン】という成分が女性ホルモンのエストロゲンを活性化させることが期待できます。ただし毎日大量のキャベツを食べることは簡単ではない女性も多いハズ。その場合は【ボロン】のサプリを利用してください。

・ささみ:美乳によい動物性たんぱく質が豊富!積極的にとりた食べものです

・大豆製品:取りすぎに注意さえすれば大豆イソフラボンが女性ホルモンと類似した働きをするためバストアップ効果が期待できます。あくまで適度な量を厳守

・乳製品:タンパク質やビタミンB群が豊富なのでバストアップ効果が期待できます

・赤ワイン:アルコールにはバストアップ効果はありませんが、赤ワインはあります。

注意点:甘い物の取りすぎや深夜の食事、コンビニ食が多いなど、偏りがでないように注意しましょう。何事もバランスが大事ですよ

 

◆姿勢をよくする

バストのたるみと姿勢が関係しているという話しを聞いたことがありませんか?
ある一定の楽な姿勢を続けていると、本来使われるべき筋肉が衰えていきます。
その最たるものが猫背です。筋力の衰えがそのまま胸が垂れる原因にもなっていきます

 

これはバストのたるみだけでなく、お尻にも同じことがいえます。デスクワーク(特にPCの前にずっといないとダメな女性)で同じ姿勢を長時間続ける場合は、ストレッチをしてカラダをほぐしてあげましょう

 

その他の胸によくない姿勢

・高いヒールをはくことが多い:体が前のめりの姿勢になりがちです。足にあった靴選びをすることが重要です。

・脚を組むのがクセ:骨盤のゆがみにより左右の胸の高さが変わる可能性有

 

・どこでもスマホを見る:スマホを長時間のぞきこんていると猫背になりがちです。気がついたら同じ姿勢でスマホをいじっていた・・という経験がある女性は血流が悪くなることで胸に悪い影響がでますので要注意!姿勢をかえてみたり、小休止をいれたりしましょう

 

◆家の中ではノーブラの人は垂れ胸予備軍

バストが揺れが蓄積されてクーパー靭帯が伸びるのですから、家の中でもブラで揺れないように支えてあげましょう。寝ている時にも寝返りをうったりすることで胸の皮膚に負担がかかります。ナイトアップブラを使用して寝ているときにも胸の位置を適正に固定してあげましょう

 

◆シャワーだけでなくお風呂にも入ろう

血流を良くするという視点からみるとシャワーだけの生活よりは湯船にも適度に浸かりたいところです。

 - 胸の形, 胸の悩み